#おなか吹田市 No.2(カナール)

旭通商店街にあるカナールさんを取材しました

旭通商店街のほぼ中央に位置するところにある焼きたてパン工房 カナールさんにお話を伺いました。

店長さんと奥さん(加茂夫妻)です。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの店長の鴨夫妻

店内の様子とおいしそうなパン

いろいろな種類のパンをお店で作っておられます。朝5時ごろから店内仕込みをされていて、毎日、作りたてのパンを提供されています。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの店内
吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの店長の鴨夫妻

クリームパン140円、カステラドーム100円。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールのクリームパン

紅茶はロール140円

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの菓子パン

どのパンも安いです!

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの菓子パン

パンドミーもふっくら、モチモチです。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールのパンド・ミー

焼きたてのバタールとコロネです。バタールもふっくらしていて、コロネがつやつやしていて、おいしそう。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールのバタールとコロネ

これから並べられるおいしそうなパンも沢山あります。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの菓子パン

奥の台には予約分が置かれています。常連さんは予約して取り置きしてもらうぐらい人気がある事がわかります。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールのパンド・ミー

イベント時等に作られる親子の亀パンは、とてもかわいくて食べるのに戸惑いそう。250円と安いので、子どもへのお土産にピッタリですね。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールのカメのメロンパン

店の奥には、桂ざこばさんの色紙が飾られています。2020年11月23日に取材があったそうですね。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールに飾ってある桂ざこばの色紙

お店の歴史、店長さんの経歴

お店の名前のカナール(Canard)はフランス語の鴨から来ているということです。店長さんの苗字にかけているのですね。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの店内

プチクロワッサンで表彰されたこともあるそうです。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールのプチクロワッサンの賞状

元々、料理界の東大とも言われる辻調理師専門学校で修行された後、神戸のDONQ(ドンク)さんで働かれた後、独立されて、東大阪や箕面などで店舗を出されたあと、今は吹田の旭通でお店をされています。もう今のお仕事が32年目だということで、本当に大ベテラン。

色々と配合を変えながら、研究して今の味を作り上げられています。特に菓子パンが人気で、ネットの口コミ評価も高くなっています。

吹田市旭通商店街にあるパン屋カナールの店長

無添加で安全な商品(パン)作りを目指されており、安全な食材で幼児から高齢者の方まで幅広いお客様に愛される食品作りにこだわりを持たれています。

最近は、新型コロナウイルス流行でお客様の流れが極端に変わってきたので売れ残りが増えてきたそうで、少量仕込みで食品ロス防止に協力しておられるそうです。
だから、いろんな種類のパンが、少量ずつ並んでいるのですね。納得です。

これからもおいしいパンを楽しみにしています。

店舗情報

店名カナール
営業時間9:00~18:00
住所吹田市元町7-5
休業日木曜日

店舗の情報は2021年4月18日時点のものです

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事