すいカレ2022を調べてみました

すいカレって何?

すいカレとは「すいカレンダー」のことだそうです。吹田市の動画でも紹介されています。

投稿された写真13枚から、卓上カレンダーを作るという企画で、昨年に引き続き実施されているということです。詳しいことは吹田市のHPで紹介されています。

もうスタートしていて、Instagramで投稿されています。

今年のテーマは「伝えたい、吹田の一コマ」ということです。

せっかくなので、すいた情報局でも投稿してみようかと考えています。旭通商店街の店舗とかJR吹田駅と貨物列車とかどうですかね?

すいカレ2021への参加方法

参加方法は3ステップということです。

1.吹田市公式Instagramをフォロー

2.写真撮影(2020年1月以降に撮影したものもOK)

3.ハッシュタグ「#suitablecity」「#すいカレ2022」の二つをつけて投稿

操作は思ったよりも簡単ですね。

2021年5月4日現在で438件の投稿になっています。去年は600件ということなので、すごい増えていますね。

ちなみに締切は今年の8月31日ということです。

2021年のすいカレ内容

せっかくなので昨年の13枚を調べてみました。

  • 表紙:太陽の塔
  • 1月:吉志部神社
  • 2月:大阪モノレール(山田駅から千里中央方面)
  • 3月:市立吹田サッカースタジアム
  • 4月:阪急千里線(南千里~山田)
  • 5月:エキスポシティの観覧車
  • 6月:千里緑地のヒメボタル
  • 7月:片山神社の手水と風鈴
  • 8月:アサヒビールのビールケース
  • 9月:山田西第2公園(まきふん公園)
  • 10月:江坂の夜景(タイムラプス撮影)
  • 11月:三色彩道の紅葉
  • 12月:万博公園とこども

昨年の詳細な内容はこちらから参照してください。昨年分の販売は終了しているということです。

まだまだ、吹田市にはいい写真が取れる場所が一杯あるので、今年もいいのができそうですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事